スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

test

test
スポンサーサイト

インドへの通話時間

   CMM ダイレクトで

インドに電話をする


【インド/India】 国際電話の国番号 91

《首都》  ニューデリー(New Delhi)

■ CMM ダイレクト・カード

CMM ダイレクト

こちらのカードでしたら、フリーダイヤルでも1分26円です。

ノンフリー でしたら、1 分21.1円です。

で、この激安国際電話用カードですが、

ご請求は無料です。

カード自体はタダです。


送料もタダです。

無料で配布していますので、どうぞ遠慮無くご請求下さい。

カードと一緒に、詳しい説明書もついています。


---------------------------------------------------

■カードの通話時間 (通話料金)

日本からインドへ
・24時間フラット・レート
・ノンフリー回線付き
・6秒課金

一般の加入電話からフリーダイアル 
77分/2,000円あたり。 1分あたり26円。

公衆電話からフリーダイアル
39分/2,000円あたり。 1分あたり51.3円

携帯電話からフリーダイアル
49分/2,000円あたり。 1分あたり40.8円

ノンフリー回線で(※1)
95分/2,000円あたり。 1分あたり21.1円

(※1) ノンフリーとは、国内通話料金にフリーダイアルを利用しない方法です。マイライン、IP電話、番号指定割引で、東京までの通話料金が安く利用できる方には、とても安くなります。
ダイヤルQ2とは違います。

すべての電話端末からアクセスできます。
普通に東京に電話をするのと同じ料金が、使用した端末の電話会社から、その通話料として請求されます。

国際電話カード会社は、末端ユーザーが使用するフリーダイアル料金を支払っても損がないように、その通話料金は高めに設定されていますから、はじめからフリーダイアルを使用しない方がお得なことが多いです。


※ フリーダイアルといっても、誰かが「フリーダイアル回線」を契約しており、その代金を払っています。誰が契約して、その代金を支払っているのかと申しますと、カードを製造している電話会社さんです。

カードを製造している電話会社さんは、高い国内のフリーダイアル料金分を、どこから回収しているのかと言いますと、当然カードを使用するお客様から徴収しています。

だから、フリーダイアル回線を使用すると、その分通話時間が短くなるのです。

カード製造会社や、電話会社が損をしてまでお客様に対してサービスする、ということはありません。いくら使われるかわからないフリーダイアル料金の見積もりは、「絶対損をしない」数字に設定されていますから、その分をフリーダイアルを使用するお客様から(余分に)徴収しているのです。

だから、フリーダイアルで電話をすると、通話時間が短いのです。


---------------------------------------------------

■カードの使い方

カードを持ってコンビニに行ってください。
「スマートピット」
と言って戴ければ、
「2000円です」
と、言われますので、2000円を支払ってください。

これが、2000円ぶんの国際電話料金の「前払い」になります。
あなたが支払った2000円ぶんの、国際電話ができるようになります。

2000円で、インドまで、 

最大95分の通話 ができます。

カードの残度数がゼロになったら、またコンビニに行って、レジ・カウンターで
「スマートピット」
と言って、カードを出してください。
カードの裏面のバーコードをピピっと読みとって、
「2000円です」
と言われますから、また2000円を払ってください。
これで、繰り返し何度も使うことが出来ます。

一度コンビニに行き、同じことを5回繰り返せば、残高10,000円のカードができます。
(残高が残っていても追加入金ができます)

コンビニでお金を払ったら、財布を鞄にしまっている間に、0円だったカードの残度数が、2000円に増えています。

また、通算10,000円のチャージ(5回目の時)に500円のボーナス・チャージがあります。
はじめてご使用される時は、2,000円支払うと、2,200円になっています。
(初回だけ、10%のボーナスつき)

このカードは、使っても、使わなくても、ご請求は無料ですので、試しに是非お取り寄せください。




野崎・拝

theme : ★インド☆
genre : 海外情報

インドへの通話時間

   NTT ワールドプリペイド・カードで

インドに電話をする


【インド/India】 国際電話の国番号 91

《首都》  ニューデリー(New Delhi)

■ NTT ワールドプリペイド公式サイト
http://coden.ntt.com/service/p_card/usage.html
---------------------------------------------------
【NTT ワールドプリペイドでインドに電話をする】

日本からインドへ
・24時間フラット・レート
・完全フリーダイアル
・6秒課金

1000円カード(1110度/1110円分の通話が可能)

一般の加入電話から 19分49秒
公衆電話から 10分
携帯電話から 14分45秒
PHSから 16分

3000円カード(3400度/3400円分の通話が可能)

一般の加入電話から 60分42秒
公衆電話から 31分
携帯電話から 45分15秒
PHSから 49分42秒

5000円カード(5750度/5750円分の通話が可能)

一般の加入電話から 102分40秒
公衆電話から 52分35秒
携帯電話から 75分34秒
PHSから 84分15秒
--------------------------------------------------------

野崎・拝



NTT ワールドプリペイド・カードをいつでも2割引で購入するには?





theme : ★インド☆
genre : 海外情報

インドへの通話時間

   KDDI スーパー・ワールドで

インドに電話をする


【インド/India】 国際電話の国番号 91

《首都》  ニューデリー(New Delhi)

■ KDDI スーパー・ワールド公式サイト
http://www.kddi.com/phone/denwa/card/kddi_super_world/index.html
---------------------------------------------------

日本からインドへ
・24時間フラット・レート
・完全フリーダイアル
・6秒課金

1000円カード(1050度/1050円分の通話が可能)
一般の加入電話から 25分54秒
公衆電話から 12分42秒
携帯電話から 18分36秒

3000円カード(3200度/3200円分の通話が可能)

一般の加入電話から 82分30秒
公衆電話から 40分12秒
携帯電話から 59分12秒

5000円カード(5350度/5350円分の通話が可能)

一般の加入電話から 139分6秒
公衆電話から 67分48秒
携帯電話から 99分42秒

7000円カード(7850度/7850円分の通話が可能)

一般の加入電話から 204分54秒
公衆電話から 99分48秒
携帯電話から 146分54秒
---------------------------------------------------
【KDDI スーパー・ワールドでインドから電話をする】

通話時間は、日本からの通話時間とほぼ同じです。
詳しい通話時間は、携帯電話からでも24時間無料通話の
お客様デスクで確認してください。
(電話番号は、コメントでお尋ね下さい)
お問い合わせの時に、お手持ちの国際プリカのシリアル番号を尋ねられる場合がございます。

インドから日本に電話する 000-811-8 (電話番号)
インドから、KDDI のお客様デスクに電話する 000-811-7

※ インドのホテルや管理人のいる公衆電話センターでは、手数料以外に通話料金(バクシーシュ)がかからないことをご確認の上おかけください。黄色のプライベートBOXからはご利用いただけません。ご家庭や会社の電話からご利用の場合、現地国内通話の1通話分の料金がかかります。ご利用いただけないプッシュフォンが多い地域です。
---------------------------------------------------
【インドから、コレクトコールで日本に電話する】

※ 国際電話カードも現金も持っていない時。
※ 国際電話カードを持っている場合は
【KDDI スーパー・ワールドでインドから電話をする】参照

000-811-7 に電話をかけます。

※ 手数料(チップ)を取らないかを確認してからかけましょう。

コレクトコールをかけたい相手の名前と、電話番号を伝えます。

日本にKDDI から電話が入ります。
インドの○○様から、□□様(コレクトを受ける相手)に、コレクトコールのお申し込みがございますが、お受けになられますか? と言われます。
「はい、つないでください」
というと、
「最初の一分が○○円、その後一分ごとに、○○円ですが、宜しいでしょうか? そのお支払いは、来月請求書が届きますので、払い込み用紙でお支払いください、お支払い戴けますか?」
と、確認されます。
これを了解すると、
「では、おつなぎ致します。このままお待ち下さい」
と言われ、インドの相手との電話が繋がります。

大変高額です。 こちら参照
※ 通話は一分以内に済ませましょう。

現地で命に関わる出来事があったら、この方法を使うようにと、
肉親や家族がインドに出かける時は教えてあげてください。

その後、日本から現地の大使館などに連絡を取れば良いのですが、
日本からの電話は、もう少し安い電話を利用しましょう。

インドから電話をするときは
バクシーシュ(おねだり・チップ・布施)に注意してください。
日本人はカモです。
---------------------------------------------------

野崎・拝



KDDI スーパーワールドを 2割引で購入するには





theme : ★インド☆
genre : 海外情報

中国との国際電話

    まだまだ高い、国際電話

  
KDDI請求書


わたくしの本業は、オンラインで国際電話専用のプリペイドカードを販売することです。
このわたくしが、KDDI ダイレクトで、(商品である、国際電話専用のプリペイドカードを使用しないで)中国との国際電話を致しました。

それでは、プロの「激安カード販売員」であるわたくしが支払うことになる国際電話料金を見てみましょう。

KDDI 請求書開封

48秒の通話で、1,240円でしたぁ~!!!

すごいですねぇ~。
我ながら、唖然としています。

48秒ですよ!

あと12秒で 1,240円が、一体いくらになるのでしょうか。
凄い数字です。

このギョーカイ(国際電話専用のプリペイドカードのオンライン販売の業界)では、中国までの国際電話料金が、一分5円だ6円だと、競っていたので、カードを使わないと、こんなに高いとは・・・久しぶりの体験で、ちょっとコーフンしています。

お金払って喜ぶなって言われそうですが・・・
普段は売価ではないですからねー、わたくしは。
それでも売価の 248倍の料金を払いましたね。

どうしてこんなことになったのか・・・という御説明は割愛して
下記、明細書でございます。

請求明細書


画像の中の赤い一番は「中国まで58秒のおはなしをされています
という記録です。

画像の中の赤い二番は「そのご利用料金が、1,240円です
という記録です。

異様に高い国際電話料金の理由は、実はコレクト・コールだった、
ということもありますが、それにしても高いです。

激安国際電話を販売しているわたしのところに
KDDI ダイレクトでコレクトコールを申し出るなんて、
とんでもない友人が居たものです。

皆さんは、このような 高額な 国際電話料金を支払うことなく、

相手国が中国でしたら、もっとお安くご利用できます。

CMM ダイレクト

こちらのカードでしたら、フリーダイヤルでも1分10円です。

ノンフリー でしたら、1 分5円です。

1,240円も払ったら、248分もおはなしできます!

4時間と、13分ですっ!

それがっ、48秒で 1,240円・・・
やっぱり高い。

で、この激安国際電話用カードですが、

ご請求は無料です。

カード自体はタダです。


送料もタダです。

無料で配布していますので、どうぞ遠慮無くご請求下さい。

カードと一緒に、詳しい説明書もついています。

電話代金は、どこから引かれるのかと申しますと、カードを持ってコンビニに行って、
「スマートピット」
と言って戴ければ、
「2000円です」
と、言われますので、2000円を支払ってください。

これが、2000円ぶんの国際電話料金の「前払い」になります。
あなたが支払った2000円ぶんの、国際電話ができるようになります。

2000円で、中国まで、最大400分の通話 ができます。

カードの残度数がゼロになったら、またコンビニに行って、レジ・カウンターで
「スマートピット」
と言って、カードを出してください。
カードの裏面のバーコードをピピっと読みとって、
「2000円です」
と言われますから、また2000円を払ってください。
これで、繰り返し何度も使うことが出来ます。

コンビニでお金を払ったら、財布を鞄にしまっている間に、0円だったカードの残度数が、2000円に増えています。

また、通算10,000円のチャージ(5回目の時)に500円のボーナス・チャージがあります。
はじめてご使用される時は、2,000円支払うと、2,200円になっています。
(初回だけ、10%のボーナスつき)

このカードを使っても、使わなくても、ご請求は無料ですので、試しに是非お取り寄せください。



と、いうことで・・・

わたしは、KDDIからの「ご請求」 を支払ってきます。

料金請求書


※ ノンフリーとは、国際線に接続されるまでの国内の回線を、フリーダイアルではない回線でつなぐ、という意味です。
ダイヤルQ2とは違います。
お客様の電話回線が、マイラインやIP電話で、国内電話料金が3分10円くらいでしたら、ノンフリーの方が得です。

フリーダイアルといっても、誰かが「フリーダイアル回線」を契約しており、その代金を払っています。誰が契約して、その代金を支払っているのかと申しますと、カードを製造している電話会社さんです。

だから、高い国内のフリーダイアル料金分を、どこから回収しているのかと言いますと、当然カードを使用するお客様から徴収しているのです。

だから、フリーダイアル回線を使用すると、その分通話時間が短くなるのです。

カード製造会社や、電話会社が損をしてまでお客様に対してサービスする、ということはありません。いくら使われるかわからないフリーダイアル料金の見積もりは、「絶対損をしない」数字に設定されていますから、その分をフリーダイアルを使用するお客様から(余分に)徴収しているのです。

だから、フリーダイアルで電話をすると、通話時間が短いのです。



野崎・拝



theme : 中国留学
genre : 海外情報

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

野崎明美

Author:野崎明美
国際電話専用のプリペイドカードのオンライン販売を専業にしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。